寒い冬は風邪が大流行、子供達はお熱を出し耳が痛い、もしかして中耳炎、次から次へと熱を出し、中耳炎に蓄膿症を併発忙しい一日でした。

子供達の部屋、双子の育児日記 3人病院行き、中耳炎、蓄膿症

 HOME>4歳 3人病院行き、中耳炎、蓄膿症
4歳
 12月まだ雪もさほど降っていない頃です。
 
 3人の子供達が次々とお熱を出し、何回も近くの耳鼻咽喉科へ行きました。
 
 耳が痛いと聞いたので中耳炎かなとは思いました。ドンピシャでした。
 
 さて、4歳の兄と2歳の妹にはどんな出来事があったのか、4歳の日記も終番になりました。
3人病院行き、中耳炎、蓄膿症
 イヤー今日は大凶だね、いつものようにツー兄とハー兄は幼稚園に行き、ママとマリは耳鼻科へ、時期でしょうか何故か耳鼻咽喉科がすんごく混んでいたそうです。
 
 ツー兄とハー兄を向かえにママが少し遅れて幼稚園にいくと、ハー兄が38.2度の熱をだして耳が痛いと言ったそうです。
 
 これは大変と、さっきマリを連れて行って帰ってきたばかりの耳鼻科へ3人の子供とまた行ったそうです。
 
 朝から晩まで病院で帰ってきたのが夕方すっかり暗くなった6時頃、耳鼻科は混みに混んでいたそうです。
 
 子供達がいっぱいいて病院ロビーは幼稚園並みの大騒ぎになり、その中のリーダ格がハー兄(熱あるのに)とマリだったようです。



 ハー兄の診察の時間になり呼ばれてハー兄とママが診察室に行こうとしたときマリが「俺たちも行くぜ」と言って仲間と行こうとしたと聞きました。
 
 ツー兄は今回はただの付き添いなので病院に来ている子供達と何やら遊んでいたそうです、妹がたくましくなってきたのかなツー兄も友達作りが上手になったかな?
 
 ここでママをいれて3人の病名は中耳炎が2人、蓄膿症が2人と誰か重なってました。
 
((´д`)) 熱っぽい

中耳炎
 中耳炎(ちゅうじえん)とは、中耳に炎症が起こる病気であり、多くは急性の中耳炎のことを指す。基本的には、細菌感染症であることが多いが、ウイルス感染の場合もある。

  • 中耳炎:特定の病態を指すものではない。通常は急性中耳炎を指す。
  • 急性中耳炎:中耳に炎症が起こっている状態。痛みが強い。
  • 慢性中耳炎:急性中耳炎の後鼓膜が穿孔したもの。
  • 滲出性中耳炎:中耳に浸出液がたまっている状態。急性中耳炎に引き続き起こることが多い。また、飛行機に乗った際に耳が痛くなり、その後痛みは治まったが耳が聞こえにくい、という場合には滲出性中耳炎の場合が多い。痛みは基本的にはない。
  • 真珠腫性中耳炎:中耳に真珠腫ができたため、中耳に炎症が生じた状態。真珠腫とは、上皮が存在しないはずの鼓室内に、何らかの原因で上皮細胞が侵入して増殖したもの。腫瘍ではない。
 原因
  • それぞれ異なるが、急性中耳炎の場合には、細菌感染。鼻の奥にある耳管を通じての逆行性感染が多い。鼻すすりとの関連も言われている。鼻かぜが引き金になることもある。
  • 外耳と中耳は鼓膜により隔てられているため、耳に水が入っても急性中耳炎にはならない。(ただし、鼓膜に穴が開いていた場合は例外。)
 症状
  • 急性中耳炎:耳の痛み、発熱、聴力低下を伴う。鼓膜穿孔を起こした場合には、耳だれ(耳漏)。
  • 滲出性中耳炎:基本的には、耳閉感(耳が詰まる感じ)のみ、痛みはない。
  • 真珠腫性中耳炎:難治性の耳漏、聴力低下、痛み。内耳に進行した場合には、めまいが生じるようになる。頭蓋内に進展した場合にはそれに応じた神経症状。
 検査診断
  • 視診にて診断がつくため、診断のための検査は基本的には不要。
  • 細菌培養(抗生物質使用する場合に備えて)
  • 聴力検査(難聴の鑑別のため)
  • 耳内の状態を顕微鏡などで観察すること(視診)により診断可能。また、真珠腫などによる骨破壊の状態は、CTによって見ることができる。
 治療
  • 急性中耳炎は、基本的には3日ほどで自然軽快するため抗生物質の投与は不要である。しかし、3日以上長引く場合には抗生物質による治療が効果的であり、それでも効果が不十分な場合には鼓膜切開が行われる。
  • 滲出性中耳炎:基本的には自然軽快が期待できる。アレルギー性鼻炎を伴う場合には治癒が遅れるため、抗アレルギー薬が使われる。自然治癒しないものに対して鼓膜切開が行われる。
  • 真珠腫性中耳炎:耳処置にて対応可能なものは、定期通院による耳処置により治癒を目指す。耳処置にて対応できないものは手術が必要となる。細菌感染を伴う場合には抗生物質の内服を先行して行う。
  • 慢性中耳炎に対しては、手術が必要。ただし、耳漏を一時的に止める場合には、抗生物質の投与と耳の処置で対抗可能である。
  • 好酸球性中耳炎に対しては、鼓膜へのチューブ留置術、中耳内へのステロイドの局所投与、ステロイドの全身投与などが行われている。ただし、まだ治療法は確立はされていない。
 予後
  • 放置しない限り、基本的には死亡することはない。
  • 急性中耳炎は抗生物質が広く普及する前には、急性乳突洞炎、内耳炎、硬膜外炎へと進展し、敗血症となり死亡することも多かった。
  • 真珠腫性中耳炎は、頭蓋内へ進展した場合には髄膜炎を併発し死亡する場合がある。
 診療科
  • 耳鼻咽喉科
蓄膿症
 蓄膿症 (ちくのうしょう, 英: empyema)とは既存の体腔に膿が貯留している状態。新たに形成された空洞に膿が貯留する膿瘍とは区別しなければならない。慢性の副鼻腔炎は俗称として蓄膿症と呼ばれることがある。

医学的には蓄膿症は下記の領域に出現する。

  • 胸腔(膿胸)
  • 子宮(子宮蓄膿症)
  • 虫垂(虫垂炎)
  • 髄膜(硬膜下膿瘍)
  • 関節(敗血症性関節炎)
  • 胆嚢
(Wikipediaより)



[HOMEへ戻る] ページTOPへ

■メニュー
育児日記
0歳 双子の誕生
 ・某病院で男の子の双子生まれる
 ・親類達がお見舞いに来る
 ・家内と子供達の退院
 ・ミルクが上手く飲めない
 ・生後36日、寝付きが悪い、うなる
 ・初めてのこどもの日(初節句)
 ・デベソ(臍ヘルニア)
 ・生後3ヶ月笑ったり表情がでる
 ・生後5ヶ月半でんぐりがえし
 ・生後7ヶ月お座りできる
1歳 子育ても1年経ちました
 ・1歳の誕生日を向かえる
2歳 2歳になりました、妹誕生
 ・2歳の誕生日を向かえる
 ・ゴールデンウイーク
 ・突発性発疹
 ・妹生まれる
 ・ハー君唇切る
 ・妹微笑む、ツー兄主導権握る
 ・双子の兄手の皮が剥ける奇病
 ・娘お食い初め、100日の写真
3歳 事件に次ぐ事件
 ・兄3歳の誕生日、妹立とうとする
 ・ツー兄40度の熱出す
 ・ソフトクリーム事件
 ・ハー兄、妹に2発ペチ
 ・マリ初めてママの実家へ行く
 ・パパ子供達を迎えに行く
 ・毎日よく泣いてくれるわ
 ・幼稚園見学、兄に変化が
 ・ハー兄腕の骨折か?
 ・幼稚園の面接終わる
 ・車の座席の位置でもめる
 ・疲れからみんなダウン
4歳 幼稚園入園、運動会
 ・双子の兄4歳の誕生日
 ・幼稚園入園式
 ・魔のゴールデンウィーク
 ・晴天、大運動会
 ・妹2歳の誕生日
 ・ホワイトビーチへ海水浴に行く
 ・ち○こが痛い
 ・反抗期、何故何どうして質問攻め
 ・ハー兄は正義の味方
 ・お遊戯会前日熱だす
 ・ベッカムヘアー
 ・3人病院行き、中耳炎、蓄膿症
 ・ツー兄の一大事
 ・ちょっと早いクリスマス
 ・強くなりたい
 ・あけましておめでとうございます
 ・結婚式、花束贈呈
 ・変な風邪が流行ってます
 ・鬼が見ているよと子供達
 ・ママ、子供に柔道技で投げられる
 ・ツー兄1人で幼稚園に行く
 ・うんちこ事件の真相
5歳 年長さん、妹幼稚園入園
 ・5歳になりました
 ・またまた風邪で全員ダウン
 ・4人食中毒になる?
 ・春休みも今日で終わり
 ・ツー兄の反抗期
 ・魔の連休の出来事
 ・魔の連休後、兄熱を出す
 ・幼稚園大運動会
 ・初めてのお泊まり会
 ・夏祭りおみこしワッショイ
 ・お遊戯会終わる
 ・あけおめ、もう少しで兄卒園
 ・お誕生会から卒園式まで
6歳 小学校入学、幼稚園年少
 ・6歳になりました
 ・入学式は子供服、スーツで
 ・妹の入園式、マリ熱を出す
 ・魔のゴールデンウイーク
 ・子供、遠視、めがね
 ・空手、日本拳法
 ・小学校、幼稚園大運動会
 ・子供から感染大人もアデノウィルス
 ・夏休みも終わり、思い出は
 ・体育の日、運動してますか
 ・小学校学習発表会
 ・小学校父兄授業参観日
 ・幼稚園お遊戯会
 ・風邪が大流行
 ・恒例の年頭のご挨拶
 ・インフルエンザの流行
7歳 小学2年生と年中さん
 ・双子の兄7歳になりました
 ・小学校2年生に進級
 ・お兄ちゃんになったね
 ・子供の日、魔のゴールデンウィーク
 ・空手昇級、赤帯が嬉しかった
 ・小学校大運動会終わる
 ・成長ホルモンの検査
8歳 小学3年生と年長さん
 ・子供とペットの関係
 ・子供は雪が好き、雪が溶け春に
 ・ゲームと子供とママ
 ・理科、社会
 ・時計で四苦八苦
 ・運動会が終わりました
 ・大変だ子供が事故
 ・成長ホルモン療法
 ・季節の変わり目

番外編
我がアパートの住人達EP1
我がアパートの住人達EP2
我がアパートの住人達EP3最終章
住宅購入奮闘記

子育ての合間に
資格取得奮闘記
ファイナンシャルプランナー資格取得
マンション管理士、管理業務主任者
自作PC作成奮闘記
・初めての自作PC
世にも笑える話
私の隣に冷たい腕が

・掲示板
相互リンク集
HOME
サイトマップ




Copyright(C)子供達の部屋、双子の育児日記 All rights reserved.


infoアットマークatelier-turtle.kikirara.jp